MENU

矯正について

【床矯正とは】  歯を抜かずにあごを拡げて歯を並べる矯正のことを言います。 どんな年齢層の方でも治療が可能で、「床矯正装置」と言う入れ歯に類似した 装置を用い、お子様の早期の不正咬合や、歯並びの形態を矯正します。 歯を“抜かず”に歯の“保存”に重点を置いた矯正治療です。

hawonukazuni

【床矯正とは】

歯を抜かずにあごを拡げて歯を並べる矯正のことを言います。
どんな年齢層の方でも治療が可能で、「床矯正装置」と言う入れ歯に類似した 装置を用い、お子様の早期の不正咬合や、歯並びの形態を矯正します。
歯を“抜かず”に歯の“保存”に重点を置いた矯正治療です。

矯正の治療方針

10歳の子どもはやがて、20歳の青年、50歳の壮年、80歳の老人になります。10歳の時の治療は、10歳のための治療ではありません。より良い青年、壮年、老人になるための治療でなくてはなりません。そして、大切なのは子どもの歯は大人の歯の縮小ではありません。子どもは正しく大人に発育すべきです。歯は、一回削ったり、抜いたりしたら、元には戻れません。 歯は、人間が機能と発育をするための大事な構成要因です。その組織を失うことは人としての一生を考えるとその損失は計り知りません。 当院は、歯を綺麗な歯並びにするために失う機能と発育を考えます。何かをすれば、プラスとマイナスがともに生じます。 医療はプラスを基準にするよりも、出来るだけマイナスを少なくしてプラスを得ることを考えるべきです。

10歳の子どもはやがて、20歳の青年、50歳の壮年、80歳の老人になります。
10歳の時の治療は、10歳のための治療ではありません。
より良い青年、壮年、老人になるための治療でなくてはなりません。
そして、大切なのは子どもの歯は大人の歯の縮小ではありません。子どもは正しく大人に発育すべきです。
歯は、一回削ったり、抜いたりしたら、元には戻れません。
歯は、人間が機能と発育をするための大事な構成要因です。
その組織を失うことは人としての一生を考えるとその損失は計り知りません。

当院は、歯を綺麗な歯並びにするために失う機能と発育を考えます。
何かをすれば、プラスとマイナスがともに生じます。

医療はプラスを基準にするよりも、出来るだけマイナスを少なくしてプラスを得ることを考えるべきです。

矯正装置を入れた様子

上あご

上あご

下あご

下あご

床矯正治療では症状に合わせて使用する床装置の数が異なるので、 早期治療ならば装置の数は少なくてすみます。

治療例のご紹介

ワイヤー矯正との違い

床矯正ワイヤー矯正
特徴・基本的に歯を抜かず、あごを広げます
・装置は取り外し可能です
・矯正装置が目立ちます
・抜歯をすることが多いです
治療期間 約1~5年約1~5年
費用の目安70,000円~700,000円~1,000,000円

もっと詳しく知りたい方は床矯正研究会のHPへ➜kenkyukai

治療計画&見積書の一例